読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

no rivalry no life

ハクによるポケットモンスターに関するブログ

パーティー紹介 ラティハッサムXY 最終レート2168

XYシングルレートシーズン6で最終(最高)レート2168を記録しました

勝率はパーティーを途中から変えて記録を取ってなかったのでわかりませんが6割5分ないくらいだと思います

最終日前日に本ロムが闇に落ちたので今回このレートで終えたのはサブロム(ロム名 Light)です

今シーズンもラティハッサムを使い1ページ目で終えることを目標に頑張りました

 

f:id:haku07:20141113203443j:plain

 

f:id:haku07:20140225104915p:plainf:id:haku07:20140225105106p:plainf:id:haku07:20140225105017p:plainf:id:haku07:20141113175157p:plainf:id:haku07:20141113175351p:plainf:id:haku07:20141113175544p:plain

 

ラティオス@こだわりメガネ

流星群 サイコショック 波乗り トリック

155 91 100 182131178

臆病cs252d4

 

ハッサムハッサムナイト

とんぼ返り バレットパンチ 叩き落とす 羽休め

175 150 147 * 121 85 (メガ進化前)

175 170 191 * 141 95 (メガ進化後)

腕白h236b108d164

 

バンギラス@スカーフ

噛み砕く 岩雪崩 馬鹿力 地震

175 186 130 * 121 124

陽気as252d4

 

ファイアロー@ゴツメ

ブレイブバード 鬼火 挑発 羽休め

185 101 115 * 89 170

陽気h252b188s68

 

化身ボルト@珠

ボルトチェンジ めざ氷  気合玉 電磁波

155 121 90 177 100 179

臆病cs252h4

 

カイリュー@鉢巻

逆鱗 神速 馬鹿力 地震

167 204 115 * 120 132

意地っ張りas252h4

 

今回は急増したスイクンを意識して火力の高いパーティーを組みました

 

個別紹介

ラティオス

今回はめざ炎のない個体

理由はハッサムの個体数が減ったからです

代わりに採用したトリックは受け出しに出てきたクレッフィに対してかなり刺さりました

サイキネではなくショックにしたのは瞑想スイクンを倒すためです

選出率は5割弱だと思います

 

ハッサム

前回と全く同じ個体なので特に説明はいらないと思います

ただしメガネライコウの個体が減ったので配分を変えてもいいと思います

選出率は9割くらい

 

バンギラス

こちらも前回と同じ個体

技構成も同じでいいと思います 

選出率は約5割

 

ファイアロー

普通のゴツメアローです

ほぼクチートのためだけに入れました

受けループも意識してましたがグライオンに岩石封じをされたので一生出しません

クチートの個体数がある程度高かったためそれに強いポケモンを採用する必要がありました

鬼火、先制技、挑発と回復技があるためこのポケモンにしましたが他にもいいポケモンがいたかもしれません

クチートスイクンの並びに対してはこのポケモンを選出せずにボルト、ハッサムカイリューのような選出をしました

選出率は約1割

 

・化身ボルト

ちょっと変わった技構成になっています

僕は命中70%技の採用は、メインウエポンではなく、その技がないと勝てない相手に勝つことができる場合のみ採用すると決めています

ボルチェン、めざ氷、電磁波は確定で10万か気合玉が選択になりました

ボルチェンはスイクンにうってミラコをバンギで受ける、ギルガルドにうってハッサムを出して羽休めで粘る等のことができ必須だと思っています

10万がなくて負けた試合もあれば気合玉がなくては勝てなかった試合もあるため比較は難しいと思います

ただし、安定レートが同じだとすると分散が高い方が最高レートをたたき出すには有利です

実際最高レートをたたき出す過程でこの技はたくさん使用しましたが、本ロムが闇に落ちたのはこの技が原因の部分もあります

ゴツメを持っていないため、初手でガルーラと対面したら猫だましが怖いためハッサムに引きます。それにより気合玉がないと判断してくれる場合があると思われます

選出率は約5割

 

カイリュー

スイクンを意識した鉢巻カイリューです

受けに来たクレセやカバは逆鱗2発で吹き飛ばしました

神速のおかげで汎用性が高く、対面でメガサーナイトにも勝てます

ギルガルドマリルリに入る地震は確定

ナットレイに対してもかなりダメージを与えられるのでほのPではなく馬鹿力を採用しました

努力値振りはASぶっぱになってますが何か調整したほうがよかったかもしれません

こちらも選出率は約5割

 

最後に

 今シーズン序盤はラティハッサムバンギにサンダーを組み込んだ完成度の高い構築を組もうとしていました。しかし霊獣ランドロススイクンヒードランの個体数があまりにも多く、火力のないサンダーはラティハッサムと組むには明らかに逆風となり、僕のポケモンモチベは底辺にありました。

 最終日1週間前にようやくこれら3体(特にスイクン)を意識して火力の高いパーティーを組むことにしました。結局この6体に決まった時には残り3日間しかありませんでした。知識の不足が原因で負けた試合も多く、意識の低さがこの中途半端な結果につながったと思います。最終順位はギリギリ10位以内に入れないでしょう。ですが最後はそれなりに楽しくポケモンをすることができ、ORASでも頑張ろうと思うことができました。

 自分が使ったサンダーの調整を一応書いておきます。

サンダー@ゴツメ

ボルチェン 熱風 電磁波 羽休め

197 91 107 146 138 135

臆病で最速70族抜き、リザYのオバヒ最高乱数以外耐え

ゲッコウガリザードンサザンドラ等を意識した電磁波、キノガッサに上からボルチェンし、ハッサムを出せるよう最速70族抜きといった感じです

穏やかでh191にした方が若干効率が良かった気がするので、使い心地がよかったら穏やかの個体を用意するつもりでした

 

次はORAS発売後ですね

みなさん、一旦お疲れ様でした!